spiral.cruel.egoism.jp
螺旋階段

this blog is whimsical update
by yuzukichi /
qrcode
<< 椿屋四重奏 公開ライブ | main | フジファブリック[MONONOKE JACARANDA TOUR] >>
椿屋四重奏コンサートツアー2005"ROCK ON GENTLEMEN"[愛と幻のメリーゴーランド]in 日比谷野外大音楽堂に行って来ました〜

レインコートを買うかどうか迷う様な微妙な天気だったんですが(実際一寸降ってたし)演奏中は殆ど気にならない程度だったんでよかったっす。
開演前は延々一昔前のヒット曲が流れてました。アースウィンド&ファイヤーとかマイケル・ジャクソンとか。一体アレは誰の選曲なんだろうね…そういうアルバムがあんのかな。
客層はやっぱ若い女の子が多そうな感じでした。3000人つう事で代表と小寺君がMCで3000Pとか云ってましたなぁ…(笑)今回小寺君はその3000Pくらいしか発言が無かったのが残念っす。永田君は何時もの通り、安高さんも「バッチグー」のみ。つか、代表のMCは真面目な事も云ってたけど下ネタ系でした(笑)
イントロは例の如く真っ赤な照明で始まり、小寺君、安高さん、永田君、代表の順で登場。今回我々は安高さん側のBブロック。真正面に代表が居て代表と安高さんは滅茶苦茶良く見えたんだけど永田君が代表に被っちゃってどっちかが動かないと見えない様なそんな位置でした。小寺君は見えるには見えたんだけど背後のライトが眩し過ぎて顔が判別出来なかったよ…(苦笑)
1曲目から終列車→手つかず〜→成れの果て、と続け様に私の好きな曲を3曲。この流れは非常に勢いがあって良かった。なんつか前半は代表のマイクがハウリングしてたというか変に篭ってた様な感じだったんだけどまぁそれはそれ。
今迄ナマで聴いた事無かったのは朱い鳥くらいだったんだけど遣ってくれて嬉しかったっす。群青〜舌足らずの流れは私的に二つで一つみたいな感じなのでこれもまた嬉しかったな。
メンバー紹介は何故か永田君の時だけ代表の変な煽りが入ってました…「貴方のその指で、指捌きで、私の中をぐちゃぐちゃ(滅茶苦茶だったか?)にして〜」みたいな(笑)
ソロは皆格好よかった。リズム隊最高!小寺君はスネアの抜ける様な音が滅茶苦茶気持ちよかった。顔見えなかったけど…(笑)
安高さんも勿論格好よかったっす、つかあの人はあの派手っぷりとオーバーアクションというか仰け反ったりなんだりが素敵です(笑)珍しく永田君が機材に脚乗っけてた。一回失敗してたのがもう…(笑)珍しいと云えば、空中分解で代表が物凄い音程外してました。多分自分でも解ってたんだろうなぁ…もどかしそうだった。あの曲だけ凄い不安定で、代表があそこまで音程外すの滅多に無いから一寸吃驚しました。
今回は最初からアンコールを含めた最後まで非常に気持ちいい選曲と順番だった様な感じっす。欲を云うなら導火線も聴きたかったけど(笑)あと椿屋のライブで何が好きって実は照明の使い方だったりもします。
最後は例の如く皆で手を繋いで挨拶。移動する時に四人で手を繋いだ儘歩くのが可愛いんだよな…(笑)最後にコレが無いとなんだか物足りない。
私の予定ではこれで椿屋は暫くお預けなのでちょっと寂しいですが、我慢します…(笑)

という訳でセットリストは以下の通り。
1 終列車
2 手つかずの世界
3 成れの果て
-MC-
4 プロローグ
5 硝子玉
6 朱い鳥
7 砂の薔薇
8 群青
9 舌足らず
-MC-
10 陽炎
11 小春日和
12 熱病
-メンバー紹介-
13 螺旋階段
14 踊り子
15 空中分解
-MC-
16 紫陽花
17 君無しじゃいられない
18 風の何処へ
-encore
19 かたはらに
20 嵐が丘
| yuzukichi | 椿屋四重奏 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP |









http://spiral.cruel.egoism.jp/trackback/203950
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>