spiral.cruel.egoism.jp
螺旋階段

this blog is whimsical update
by yuzukichi /
qrcode
<< LOST IN TIME[HEIWA REAL BEAT]公開録音 | main | ELECTRO−GUITAR SHOW >>
椿屋四重奏ワンマンショー[熱視線-ENDLESS GAME-] in SHIBUYA-AXに行って来ました〜
約1年ぶりの熱視線、今回の特典はブロマイドだったんですが私のはこう、左から安高さん、永田君、遠くに小寺君、で中田君、の一寸微妙なアレでした…友人のは四分割のだったけどアレの安高さんが無茶苦茶可愛かった。
思っていた以上にギチギチにお客さん入ってました。中田君曰くキャパは疾うに超えてる位に来ていた様です。ほんとはもう少し真ん中に行く心算だったんだけど、4人万遍無く観れる位置だったのでまぁいいかなと…
皆黒系ベースな衣装だったんですが中田君のジャケットの下はフリフリでした(笑)そして安高さんも何時もの様なキラキラでピチピチでは無く極々普通な格好だったので違和感無く他の3人に溶け込んでいた様な印象で、だから登場時からもしかしたら遂に、とは思ってたんすよね。ブロマイドにも4人で写ってたし。

オープニングはショパンの[革命]。サンタナといい革命といい相変わらず私のツボを擽る選曲(笑)
今回の永田君は非常にアグレッシブで可愛かったっす。よく笑ってたし。途中安高さんとこう向き合って弾く、あのシーンが好きです。小寺君は益々パワー増大というかなんというか…抜ける様なスネアの音が堪らなく良かった。何時も思うけど小寺君の叩き方は可成プログレ&メタル寄りな気がする。椿屋のリズム隊はやっぱ他に比べても飛び抜けて上手いというか技巧派だよな…其処に中田君の艶声が乗るんだもん、コレで嵌らずして如何する、という。
メンバー紹介から螺旋、つう流れはパターン化してますね。というか其処から怒濤の様にキラーチューン連発なのが嬉しい。
MC中でサプライズと称して幾つか発表されたんですが、2ndシングルの発売決定とか渋谷公会堂でのライブ決定とか…しかしやっぱ安高さんの正式加入発表が一番サプライズだったかな。そんな気はしていたし漸くという感じなんですけども。まぁその辺は次の記事で。
その正式加入に至るまでの経緯を中田君が語ってくれたんですが、その間〜正式加入に当たっての所信表明するまでの安高さんが非常になんというか照れてる様子とか初々しくて可愛かった。同じ年頃の男性に向かって云う言葉じゃ無いかもしれないけども(笑)
なので私は素直に嬉しい。九段でいきなりじゃなくて、約一年サポートで遣ってきてからの正式加入でよかった。いきなりだったら多分厭だったと思うんだけど(現に九段の時はがっかりとか不安とか云ってるし)。
新曲も3曲遣ってくれたんですがどれも格好良かった、特に[幻惑]。コレ一寸新生椿屋としては最高の出来だと思うのですが如何か。
最後は例の如く4人で手ぇ繋いで挨拶…だったんですが最初の真ん中での1回を終えて永田君がスタスタと袖に消えちゃって(笑)中田君にダイブされて引き戻されてました(笑)可愛いなぁもう。

という訳でセットリストは以下の通り。
1 砂の薔薇
2 幻惑(新曲)
3 群青
4 舌足らず
5 波紋
6 手つかずの世界
7 成れの果て
8 トーキョーイミテーション(新曲)
9 春雨よ
10 陽炎
11 小春日和
12 熱病
13 サイレンス(新曲)
〜メンバー紹介〜
14 螺旋階段
15 踊り子
16 空中分解
〜安高さん正式加入発表〜
17 プロローグ
18 風の何処へ
-encore
19 道づれ
20 紫陽花
21 君無しじゃいられない
| yuzukichi | 椿屋四重奏 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP |









http://spiral.cruel.egoism.jp/trackback/352339
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>