spiral.cruel.egoism.jp
螺旋階段

this blog is whimsical update
by yuzukichi /
qrcode
<< 椿屋四重奏 tour06-sexual beat explosion- [幻惑のシンフォニー] | main | デーモン小暮 [GIRL'S ROCK] >>
椿屋四重奏カウントダウンライブ、[ナカノ・サンライズ] tour06~sexual beat explosion final~ at 中野サンプラザホールに行って来ました〜

2006年はあんまりライブにも行かなかったんですが、去年の締めも椿屋だったので今年も椿屋だなぁとちょっと感慨…何やら中田君が毎年遣りたいと云ってたのでほんとに遣るなら毎年参加したいくらいの気持ちで(笑)
23時に開演して終わったのが26時近かったのでほぼ3時間くらい?お客さんは思ったほど来てなかったかな。2階席は完全封鎖っぽかったし。
前から9列目(思い切り安高君側)だったんですが、老体には足腰に辛いものがありましたが鞭打って愉しんできました。

この日の中田君は初っ端(ぬけがら)からトチり、以降も噛むわ音程ずれるわで中々大変でしたが、久々の中田祐二ソロリサイタル(笑)でのピアノとボーカルのみの[トワ]は非常に心に沁みました。あの人の声は矢張りバラード系だと凄く艶っぽいね。
年越し前にスライドショー的な[俺達のイクッ年クル年]を皆で鑑賞しつつ(この間然して喋りもしないのにずっとマイクを口に当ててる永田君が可愛かったっす。お腹も見せてた)、カウントダウン(矢張りと云うか案の定と云うか、掛け声は[バッチグー]でした)後にワーナーミュージックジャパンからのメジャーデビューを発表。やっとか、という気持ちと未だインディーズだったっけ?という気持ちが半々(苦笑)出来れば幻惑とか螺旋みたいな曲でデビューして欲しいけどどうなんでしょ?
年明け一発目は[プロローグ]、そういう流れもあってか新曲とライブでは披露済みだけど音源にはなってない曲を何曲か。薔薇〜からの曲は少なかったな。
位置的には安高君側だったんですが、角度的には満遍無く4人とも見れました。今回は安高君が殆どのコーラスを担当。例の3人でのコーラス練習は、年越し〜中野〜椿屋〜、で最後がもてる?よく聞こえなかったんですが。
愛憎タイムではスペシャルゲストのピアノの方も交えつつ、安高君はまたも可笑しな事になってました(笑)カウントダウンつう事もあって、ソロの後にそれぞれ「今年も宜しく〜」的な一言があって螺旋へ。最近は大体愛憎タイム〜螺旋ですね。
アンコールは遅いな〜と思っていたら全員其れまでの黒系から真っ白な衣装(トワのかな?)に着替えて登場。中田君は「ジャニーズじゃ無いんだから」だの「No.1ホストになれるかも?」だのと照れ隠しの様に云っておりましたが、なんというか一昔前のグループサウンズの様でした(笑)しかし永田君のライブでの白はレアな気が致します。
んで安全地帯の[ワインレッドの心]。先日TV番組で某氏との共演を見ましたが、余程好きなんだね。
トリは恒例の君無し〜で。薔薇〜を通して聴くと個人的にコレだけ違和感だったんですが、ライブのトリだと普通に聴けちゃいますね。
椿屋で年越しして椿屋で年明けを迎える、って幸せだなぁ。中田君は「こんなキチガイバンドのカウントダウンに来る皆はキチガイだ」とか云ってましたけど(笑)また是非今年も遣って頂きたい。

という訳でセトリは以下の通り。
01 ぬけがら
02 終列車
03 一刹那
04 舌足らず
05 群青
06 成れの果て
07 導火線
08 トワ
09 十色の風
10 風の何処へ
-countdown
11 プロローグ
12 トーキョー・イミテーション
13 OUT OF THE WORLD
14 幻惑
15 プレイルーム
16 小春日和
17 共犯
18 熱病
19 新曲
20 サイレンス
-愛憎タイム
21 螺旋階段
22 踊り子
23 空中分解
-encore
24 ワインレッドの心
25 紫陽花
26 君無しじゃいられない
| yuzukichi | 椿屋四重奏 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP |









http://spiral.cruel.egoism.jp/trackback/498530
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>